スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分的に心がけている事って人それぞれ持ってるよね

俺は中学時代から心がけていたのが、まぁ当時はそんな言葉知らなかったんだけど、返報性の原理に惑わされないようにしていました。具体的にどういう事かっていうと、例えば誰かが自分にいきなりお菓子をくれたら、その人に何かしてあげなきゃ、と思ってしまうその気持ちを管理しようとしてました。もらう分にはもらうけど、無理に返さない、変に恩や節目を感じ無いように心がけるというか。
例えば誰かが自分を好きと言ってくれると、ついその人の事を意識したり、その人の事を好きになろうとしてしまいます。これが返報性の原理です。あいつは俺の事嫌いだから俺もあいつの事嫌い。こういう考えの人、中学生の時いませんでしたか?特に自分が嫌う理由なんて無いのに、嫌われたから嫌い返す。みたいな。
そういうの、極力しないように中学くらいから自分で心がけて来たつもりです。まぁ時には感情のままに動いたり、そのままあえて返報性の原理に従った時もありますが。

そして今、それを考える局面に立ちました。自分は返報性が無いつもりです。ですがふと考えると、今の自分の彼女は返報性で自分と付き合ってくれているという可能性もゼロではない。これを確かめてみたいけど、方法と度胸が俺に無い。別に返報性で俺の事を好きになってくれているならそれでもいいんです。一生俺が好きで居続ければ相手も好きで居続けてくれるから。ただ、やっぱり本音では返報性ではなく、純粋な俺自身を好きでいて欲しいです。どっちで好きになったかを試すには俺の度胸が足りません。ただ私は返報性で好きになったのではないと言うのだけは、それだけは断言出来ます。

テレマの仕事をしていると、心理学も少しかじるようになります。相手を説得するために、いくつかの手段を交えます。信ぴょう性を高めるために、忙しそうな人、話しを最後まで聞いてくれなそうな人にはスリーパー効果という、信ぴょう性の低い話をすると、時間の経過と共に説得効果が上がるという効果を期待してメリットトークのみを行い、この会話でゲット出来ると感じた客にはメリット、デメリットを両面的に話して信ぴょう性を高めて説明。キャンペーンの案内の電話という名目なのでキャンペーンの期日内じゃないとメリットを活用出来ない、独占放送の番組はコレを逃すと一生見れない事も伝えて恐怖感気アピール。などなど色々使い分けをしなければならない。そこまで考えても毎日約20人ほどいるメンバーの中でも1位は一度も取れたことが無い。2位~5位くらいで毎日止まってしまう。
まぁ今月で契約終了なんだけどな




こめへん

まりく
でもなんだかんだで雪が振らない土地は寂しいかも・・・凍った路面を靴でシャーシャー滑りながら雪合戦するのがなんだかんだで好きだったw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}