スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までの数字がまやかしだった可能性も

死ぬほど喉が痛いです。
むっちゃくちゃ痛いです。

朝から喉が痛いのに、バイトで叫びまくったおかげで吐血しました。声がしゃがれてます。







俺が生まれた1990年の大学進学率は24%くらいでした。今は50%くらいあります。つまり、学生という身分で就職の次期を先送りした人の数が25%も増えてるんです。だから、例えば1990年から2010年にかけて、常に高校、大学の新卒内定率が90%だったと仮定します。そうすると、割合で見たときの就職の枠数は一定に見えますが、実は前年度よりも増えた大学進学率分だけ高校新卒の就活人口は減っています。なのに一定割合ということは、枠数自体が現象していることを意味します。


少子化、そして大学進学率の増加を踏まえた上でこの就職率です。実質的な枠数だけでいったら相当数減少してるんじゃないでしょうか。
なのにマスコミは不景気が悪いのではなく、テレビで放送しようとしているのは”大手ばかり受けて身の程をわきまえないゆとり大学生”を放送したがっているように見える。実際そういう人も一部にいるのは事実ですが、全部が全部そうな訳じゃない。今の就活生がこういう姿だという設定にした方が数字が取れるのかも知れないが、実際今の時代、共働きじゃない家庭で子供を持てるのなんて本当に限られたごく一部の人間だと思う。”選ばなければ仕事なんていくらでもある”だなんて知ってますよ。ただ、選ばなければ入れる会社ってのにすがってまで、果たしてこの時代に本当に正社員という雇用形態にこだわる必要があるのかどうかって事ですよね。
正社員になると自分が思ったとおりに休日を取れない。選ばなかった会社ならなおのこと。共働きでそれではせっかく結婚してもまともに休日遊びに行く事すら出来ない。なのに実時給に換算してみてもたかが1000円行くか行かないか。お金も好きには使えない。
なら、最初からアルバイトでいいだろ。休みを前々から言っておけばバイトなんだから休みもらえるし、サビ残も無いし、妙な責任や圧迫感、ノルマなんかも殆無い。現に和民バイト時代は共働きフリーターで年収500万超えてる人たちとか見てきた。ワープワ問題が深刻な今、果たして仕事は選ばない物なのでしょうか?






まぁ俺学生フリーターですんで世間の事本当は何も知らないんですけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




こめへん

足裏ちゃん
基本情報も一応国家資格なのにね;ー;IPA仕分けられるだの何だのの噂もあるし、もっと俺達情報通信学科に光を;ー;

まりな
新卒切符>>>>>>求められる物に見合う実力     って考えなんだろうな

コメントの投稿

非公開コメント

吐血とかwやべーな

まあ、不景気だってのは周知の事実だからな
大手病の学生を紹介したがるのもわかるわ

つーか休みのために仕事してますってのがいつになったら認められるんだろう・・・
プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}