スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートフォンで無料通話をしよう!

今日はviberというアプリの紹介をします。

通常の携帯電話は、通話回線と3G回線という2つの回線で通信することが可能です。さらに機種によっては、自宅の光回線を無線LANルータで飛ばしてWi-Fiで通信することも可能ですが、これは関係無いので割愛。
普段インターネットをする時、メールをする時、ゲームや音楽、動画をダウンロードする時に3G回線を使用します。これを使い放題にするのがパケット定額サービスです。
そして通話回線は電話の時に使用します。プランによって値段はまちまちですが、定額制サービスは少なかったり制限があったりが現状です。

今回紹介するviberというアプリは、viberをインストールしている端末同士の間で通話する際に、通話回線ではなく3G回線を使用して通話をしてくれるアプリです。つまり、パケット定額サービスの適用内になるので、インストールしているスマートフォン同士の通話料が無料になるという優れものです。








このアプリをまず任意のマーケットからダウンロードします。
起動すると、nomber without the country codeというバーが出てきます。そこに自分の電話番号を入力します。
そうすると、数時間後に入力した電話番号宛にショートメールが届きます。そこに記載されている四桁のアクセスコードを、viberに入力すると、準備完了。あとはviberが自動で電話帳を更新してくれて、自分の電話帳の中で誰がviberを入れているかわかるようになるので、その人にviberから通話をかけると、viberアプリが非アクティブ状態であっても相手からは通常の電話のように着信することが可能になっております。
ただAndroidや一部のiPhoneでは、電話番号を入力した後、ショートメールが返って来ないという報告も多々あります。その場合は、アプリを再インストールで治ったという報告もありますが、一番確実なのはアクセスコード入力画面右上にあるHelpをタップして自分の電話番号(の先頭の0を抜いた番号?)を入力すると、電話が掛かってきてアクセスコードを2回口頭で伝えてくれます。後はその番号をアクセスコードの部分に入力すれば大丈夫です。






さらにその人の電話番号に対してテキストメッセージで連絡を取る機能も搭載しています。
これによりメールがガラケーと大差ないAndroidでも、まるでiPhoneのようなメールが可能になります。しかも送受信が非常に早いです。ただし画像を直接送信したりというのは出来なさそう。

コメントの投稿

非公開コメント

これすごいなー

こんなのばっか出されたら会社も発狂しちゃうんじゃね・・

こんなことすっからトラフィックがやべーんじゃねーのw
まあ、キャリア側がもう3G回線で通話にしぼって通話回線なくしてしまえばどうにかなりそうなきがしなくもないけど
プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}