スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通貨スワップ協定拡大

http://hamusoku.com/archives/6247951.html
以前これを読んだ。
非常に勉強になった。なぜ日本が、震災復興に10兆円で、デフォルト寸前の消滅寸前の韓国なんかに5兆円も与えるのか、全く理解出来なかったが、これを読んで全て納得が行った。
冒頭で麻生総理が最初に結んだって読んで、えっ!ってなったけど、最後まで読んでひたすら驚かされた。こういうレベルの仕事を、あれだけバッシングされながらもあの短期間に行なっていたと考えると、麻生総理が降ろされたことが非常に悔やまれる。
漢字読めないってのはひたすら連日報道されてたけど、こういうウルトラCをいちいち報道しないのが本当に腹立つ。このレベルの高度な協定を考えつく人間が日本にどのくらいいるんだよって話だよな。


まずは通貨スワップについて。

>>通貨スワップとは、円と米ドル、米ドルとユーロなど、異なる通貨の元本や金利を交換する取引。「スワップ」とはもともと交換という意味。もともと金融機関同士で取引していたものだが、最近は個人向け金融派生商品にも取り込まれるようになっている。通貨スワップには、元本の交換を行なわず、金利部分のみ交換するクーポンスワップなどもある。通貨スワップは様々な方法で使われるが、企業などが資金調達のために債券を発行するときに、必要とする通貨と異なる通貨で債券を発行する場合などでよく用いられる。

http://kotobank.jp/word/%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%97%E5%8D%94%E5%AE%9A


まず、上記の説明を読んでの通り、5兆円を援助したワケではなくて、貸しただけです。
で、恩を仇で返す、捏造、起源主張が国技のあの国が、そんな大金を返すわけがない。と、思うかも知れませんが、IMF(国際通貨基金)を介しているので、必ず返済されます。
IMFは、簡単に言うと世界最強の金貸しみたいなものらしく、韓国へのお金も、直接ポイッと韓国に渡したわけではないそうです。IMFにお金を渡したから、借りるならそのIMFを通して借りてね。という形らしい。
じゃあ韓国はIMFにお金返さないかも知れないじゃん、と思うかも知れませんが、IMFからお金を借りるということは、法律すらねじ曲げられるということで、現に某国は昔IMFにお金返せなくなって、借りる時に作った法律から、全ての民家の貴金属を全部徴収するという強行手段を取った事例まであるらしい。
ともかく、IMFを通している時点で、返済されることは確定である。

次に、貸し出すことによるメリット。
韓国が対日貿易で非常に大きな赤字を毎年出している事は有名である。原因は、神奈川県程度の規模しかない韓国に、ソニーや東芝、シャープや日立なんかよりもデカイサムスンがいるおかげで、サムスンとLG以外の殆どのIT企業が壊滅しているらしい。だから、製品を作るための部品を買うための会社が韓国国内に無い。だからひたすら日本から輸入しまくるおかげで、日本は韓国から毎年300億ドルほど貿易黒字を出している。毎年韓国から日本に2.5兆円ほどのお金が入ってくるほどの、大のお得意様が韓国ということだ。

しかし韓国にも日本にも、問題がいくつかある。
まず日本は、円高になりすぎたおかげで、輸入商品が安くなったが、輸出商品が割高になった。具体的には、例えば日本が1ドル=100円の時に8000円でPSPを輸出したとしよう。アメリカに到着して売る時には、80ドルとして売られる。
しかし円高によって、1ドル=80円程度の価値になった。そうすると、アメリカに到着して売る時の値段が100ドルになる。アメリカに到着した時の値段が上がってしまうから売上が落ちてしまうのだ。だから円高になればなるほど輸出大国は辛くなる。
円高を防ぐために何とか円安にしたいが、中々出来ない。円を刷りまくってしまえば円の価値が下がるが、そんな事はできないように法律で決まってるらしい。
さらに日本には、お金が全く無いワケではないが、使えない事情があるお金も存在する。米ドルを、アメリカの国家予算の4割程度に当たるほど大量に抱え込んでいるのだ。これを使いたいが、米ドルを売ってしまうとアメリカが潰れてしまう。それに米ドルを売って日本円を買えば、日本円の価値がさらに上がり、また円高で輸出大国日本が大変になる。さらに交友関係などもあり、この約9000億ドルの大金には手を付けられないらしい。
逆に韓国はウォン安が進みすぎて、輸出は儲けてるがウォン安の行き過ぎでデフォルト寸前だ。しかも金がなさすぎて日本の中小企業への貿易の支払いが出来ずにいるらしい。

で、今回の通貨スワップでは、700億ドル≒5兆円のうち、約半分がこの米ドルから拠出された。
韓国はこの米ドルを売ってウォンを買えば、ウォン高になるし、ウォンが手に入る。しかも日本は使い道の無い死蔵金を有効に利用出来る。しかも米ドルを日本が直接売ったワケではないので、これでは円高は起こらない。
さらに、残りの約半分は、新規にお金を刷ったのだ。通貨スワップ協定のためであれば、法律的に大丈夫らしく、そのおかげで新たに数兆円お金をすることが出来たのだ。刷ったばかりのお金はすぐ韓国の企業から日本の中小企業に払われるから、結果的に日本国内に数兆円刷ったのと同じような効果になる。

もちろん5兆円はあとでちゃんと帰ってくる。

これだけの経済問題を一斉に解決してしまう恐ろしい通貨スワップを考えつくのが凄い。
バイトで仕事終わる二時間前くらいになると、商品整理を始める。明日以降のお客様に綺麗に陳列された商品を見てもらうためだ。これは予想以上に頭を使わない単純作業なのだ。だから、その2時間を使って普段何かを考えるように心がけている。つっても接客とかいろんな仕事があるから、実質そんな考える時間がたくさんアルわけじゃないんだけど、それでも俺がもしこの業種にいたら~とかを色々考えるが、ここまで全部同時に解決する手段なんて考えついたことも無いな~。。。。



こめへん

まりな
俺も気になってググってきた。データ自体は全く一緒だけど、誤り符号を検出する際の機器のせいで電力が安定しなくなって音が悪くなるとか出てきたんだけどお前もコレ見たの?wwwwwwwwwwwwwwwwオーオタ向け過ぎてヤバいwwwwwwwwwwそういえば昔どっかの雑誌にメモリのメーカによっても音質に違いが出るとか書いてるのあったよなwwwww
データ自体が完全に一緒なら、音質に変化なくね?スピーカって普通、パソコンとは別の電源だし、クロックストリームは同期取って送信してるって授業で習ったし、あくまでスピーカに届くまでは2進数のクロックストリームかイーサネットフレームの状態のまんまなんだから、劣化なんてありえない。クロック自体の波形が崩れかかってるなら、波形整形だって簡単に出来るし。

コメントの投稿

非公開コメント

みたんだかきいたんだか覚えてないけど多分それだ
まあ確かにノイズになるってのはわからなくもないんだけどそれはパソコンからスピーカまでの間での話じゃねえの?とは思ってた。
まあ要するにオーオタやべえって話に落ち着くわけなんだよね・・・

http://buytramadolonlinegm.com/ buy tramadol online - generic tramadol online

http://buytramadolonlinegm.com/ buy tramadol online - generic tramadol online

1aQ806 <a href="http://zhhgthwuuoxz.com/">zhhgthwuuoxz</a>, [url=http://bbvwnczrzijw.com/]bbvwnczrzijw[/url], [link=http://bjdc

プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}