起きる→東北大学スパコン講座→大学→プロモ撮影→企業にプレゼン→現在

最近食べ放題とか外食が多すぎてメタボが気になってるので、東北大学まで歩いて行きました。途中ちょこっとバスにも頼りました。1時間くらい移動に時間かかりましたね。
で、富士通が開発した世界1位の演算速度を誇るスーパーコンピューター”京”の講演を聞いて来ました。非常に面白かったです。

まず、事業仕分けされたスーパーコンピューター事業ですが、その時の有名な蓮舫さんの発言が「2位じゃダメなんですか?」
何に使われているのかと、2位じゃダメな理由をしっかり説明出来なかったおかげで、バッチリ仕分け。

しかし蓮舫議員のその発言自体が既に間違えていたのだ。
スーパーコンピューターのランキングというのは、単にそのスーパーコンピューター1台辺りの演算能力も確かに競う。その他にもHPCチャレンジ賞というのがあり、

・Global HPL:大規模な連立1次方程式の求解における演算速度
・Global RandomAccess:並列プロセス間でのランダムメモリアクセス性能
・EP STREAM(Triad) per system:多重負荷時のメモリアクセス速度
・Global FFT:高速フーリエ変換(FFT)の総合性能

以下のような項目にも分かれている。さらに、最終的な処理を例えばする時、京は確かに世界で一番早い。しかし、実際に膨大な量を国ごとに演算すると、その合計性能はスーパーコンピューターを多数保有してる国に軍配が上がってしまう。どの国が演算能力最強か、で行くと、実はアメリカが1位なのだ。その演算器群の中では一番性能が高いのが、京というだけ。
では合計演算能力はどうなっているのかというと、アメリカがダントツ一位で、バブルの頃までは3位を引き離して日本が2位だった。しかしここ数年は中国にも越され、京が出るまでは諸外国にも負けそうだった・・・というのが実情。

ちなみに京が出るまでの世界ランキング1位のスーパーコンピューターは中国のTENGAというマシンで、これが大体毎秒2.5ペタFLOPSくらいの処理性能を持っている。ペタというのはキロ、メガ、ギガ、テラの上で、この名称が一つ上がる度に桁が10の3乗づつ増えていく。つまりペタは10の15乗。
FLOPSというのは、CPUというよりは、それらを含むコンピュータの処理速度の単位で、1秒に何回の実数計算が出来るか、という指標である。中国は0.25ペタFLOPSなので、1秒辺りに2,500,000,000,000,000回の演算が可能になります。毎秒250兆回の実数演算が可能って事かな。多分。
それに大して今の世界ランキング1位のスーパーコンピューター京は1ペタFLOPSを超える。2位のTENGAに4倍以上の性能差を出して圧勝の世界ランキングダントツ1位を取りました。その計算速度はなんと毎秒1京回を超えます。京という単位、知ってる人は多くても具体的に使うチャンスがほぼ皆無ですね。世界中のお金を全部足したらそのくらいになるのかな。

京の何が凄いって、まず演算能力を早くするにはどうすればいいかというと、ともかくたくさんのCPUくっつけてしまえばいいんです。現に京では確か1つのラックに24枚ボードがあって、そのボード1枚につき4個のCPUがついてて、1ラック辺り24×4で約100個のCPUが搭載されています。このCPUが全部富士通特性で、周波数が2GHzの8コアになってます。つまり1ラック辺り800コア×2GHzとなってます。さらにそのラックが全部で672台連結されたのが、京です。多分全部で516096コア×2GHzくらいのCPUになっています。
少しパソコン詳しい人の中じゃ常識だけど、CPUの周波数は無限に上げ続けられるワケじゃなくて、周波数が2Gとか3GHzこえた辺りから、一気に消費電力が上がって行きます。数万個のCPUに高い消費電力をかけると、電力不足に陥り、当初はスパコン設置場所の隣に発電所を立てる話までありました。
しかし消費電力を抑えるためにCPUに凄まじい工夫が施されており、ピーク時の消費電力はなんと1CPU辺りたったの58W。どれだけ少ないかは、自作erならわかるはず。確かに周波数は2GHzまで抑えているが、それでも8コアである。ちなみに省電力過ぎて凄いと話題になったSandyBridge世代のcore i-7はピーク時で軒並み200Wを超えるくらい。まぁクロック数が違うってのもあるけど、それでも1クロック辺りの消費電力には大きな開きがある。core i-7なら一番クロック数が少なかったのを選んだとしても3GHz程度だろ。それでも200W。intelが次に出すIvyBridge世代はさらに消費電力が少ないそうなので、それも見物ですね。

とまぁCPUの消費電力のアーキテクチャ、構造についても触れてたものの、そこらへんは俺にはあまり理解出来なかったw消費電力がめちゃめちゃ少ない、というのは理解出来た。


話を戻そう

それで、京が加わったことによって、最近ずっと3位だった合計演算能力の世界ランキングが、ようやく中国を抜いて2位になれた、ということだ。蓮舫さん、2位じゃダメなんですかじゃなくて、そもそも3位だったんです。ようやく2位になれました。ということだそうです。

どのくらいの技術力かというと、先程書いたHPCチャレンジ賞、実は4部門全部で1位をとっています。特に

・EP STREAM(Triad) per system:多重負荷時のメモリアクセス速度
・Global FFT:高速フーリエ変換(FFT)の総合性能
この2部門では、EP STREAMが2位と2倍以上、Global FFTでは2位と約3倍の差を付けて圧倒的な1位をゲット。
ちなみにこの4部門に中国のスーパーコンピューターTENGAは1つも入賞していません。つまりTENGAは金大量にかけてCPU大量に連結させただけのお粗末なもの。省エネや技術的な事はからっきし。



具体的に何に使えるのか、使い道についても書こう。
高速演算が出来ると、シミュレートが何でも出来る。例えば全長数百メートル級の飛行機に色々な方向から風を当てて、空気抵抗が大きかったり、気流を作ってしまっている部位をすぐに見つけたり、新薬の開発に使えたり、新素材の開発に使えたり、車の設計にも使えるし、ともかく産業を発展させるには無くてはならないものになっている。
さらにパーティションも・・・などと色々書きたいが、長いので明日、俺がやりたかったけど諦めた事についても含めて続きの記事を書こうと思う



こめへん

まりな
でも学部生だぜw勉強出来る知識と環境はたかが知れてるだろw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}