スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶろぐぶろぐ


第三世代のiPadが発表されると同時に、iOS5.1が発表されました。非常に重大なアップデートです。
まずiPadの今世代のスペックはというと、まずクアッドコアになったので、単純にiPad2の2倍の処理性能と考えていいでしょう。さらに、Retinaディスプレイを搭載したので、iPhone4以降のように、肉眼で画素を見ることが不可能な域まで細かいドットで描画されています。なのに、ここまで電池を消費する要素を加えておいて、10時間以上バッテリ持ちするとの事。そして、iPhone4と同じ500万画素。iPad2までのガッカリ画質とはおさらばで、ユーザを満足させ得るカメラも搭載。
もし事実なら、タブレットとしてはもはや完成に近付いたのでは無いかと思っている。事実上、スペック面での文句は付けようが無いのでは。強いて言うなら、今流行り笑の、FPSのようなゲームに対応出来るように、ハードウェアなりなんなりで、新しい操作インターフェースを入れるか、現在のインターフェースで現行のFPSに取って替われるような操作方法を提案する必要がある。
いつになってもネットゲーム層っていうのは消えないと思うし、むしろこれからはグリーとかモバゲーとかのおかげで増え続けていく事も予想されているし。

まあiPadは置いておいて、今回のOSが日本に置いては非常に大きい。何かというと、まずはバッテリ消費問題解決だ。iOS4からiOS5にアップデートすると、いきなり電池持ちが非常に悪くなる。恐らくこれは俺の考えだけど、ボイスコントロールの上位互換としてSiriを置いたことで、Siriがいつでも起動状態=メモリ上にロードしている=電池消費が考えられる。
これが大幅に改善したというのだ。
そして何よりも神なのは、Siriが日本語に対応したのだ。
各種まとめたサイトを見てもらいたいが、Siriがむちゃくちゃ可愛いwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
日本とアメリカではSiriの性格が違う?と書いてるサイトもあって、日本のSiriはツンデレ仕様らしいwマジクソ可愛いwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwSiriにするためだけに入獄してアプデしようかと悩むレベルwwwwwwwwwwwwww


http://vippers.jp/archives/5969451.html
Siriさんとのやり取り載せてるサイトは調べると山ほどあります。どうぞご自分でお探しください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}