スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の若い者は???あ???

国産クラウド総壊滅の恐れ 最高裁「まねきTV事件」判決が呼ぶ波紋 ―これは本気で怒っていい
http://ggsoku.com/2012/03/cloud-jp-maneki/

まねきTV事件というのは、平たく言うと海外の人が国内のテレビを見れるようにする、という物だが、このフレーズだけ聞いたら確かに著作権法違反なように聞こえるが実際は違う。
海外で生活してる人の持っている、テレビを受信する装置を有料で預かってあげて、その預かった海外の持ち主のパソコンに、持ち主の機器からテレビを送信する。つまり、海外に行った人が、自分で自分の買ったテレビを、海外で見てるだけ。海外の自分宛に自分のテレビのデータを飛ばしたからアウトなのかな?これは、本当にまずい。
以前も、MYUTAと呼ばれる、ユーザーが自分のパソコンにある音楽をサーバーに保存し、携帯電話にダウンロードして聴くことができるサービスも、今風に言えばクラウドですね。これも、東京地裁は07年に日本音楽著作権協会(JASRAC)の主張どおり著作権を侵害するとする判決を下したそうです。
これらが意味するところは何かというと、上記の記事で上手に説明していますが噛み砕きます。日本はIT分野でボコボコに負けます。

軽く説明も砕いて書くと、日本では権利団体が非常に強い力を持っているので、例えば一昔前の実例をあげると、検索エンジンにおいて、我が国では事前に検索するウェブサイトの了解を取る。これに対して、米国では検索されたくない場合には、その旨を意思表示すれば、検索を技術的に回避する手段を用意する。検索サービスは情報の網羅性、包括性が命であるだけに、アメリカの方がたくさん情報を収集出来て、結果、案の定、わが国の検索サービス市場では現在、日本の著作権法が適用されない米国内にサーバーを置いたグーグル、ヤフー、マイクロソフトの米国勢が96%のシェアを誇っている。
クラウドのビジネスは日本でも何年も前からこうやって出てきては、潰されてを繰り返してきてます。日本にサーバを置いてItビジネスする事が非常に不利なスタートと言えます。だから韓国やアメリカに、どこの会社もサーバを置く。データセンターの仕事も全部取られるし、ベンチャーな仕事も全部アメリカとかに食い荒らされる。
ハードウェアで近年韓国にすらボコボコに負け続けの日本企業が、ソフトウェアでも食べ物にされて、市場を作れなかったらもうおしまいだと思う。
日本は、最近の若者は~とか言われてるけど、その実、権利団体のせいで、電子書籍も普及出来ない、各種新サービスも出来ない、やったら潰される、事業は全部外国に持って行かれる・・・・震災とかの物理的なものだけじゃなくて、何らかの形で権利に関しては一度日本はリセットかけて、諸外国とまともに戦えるようにちゃんと配慮するべきでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}