スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



卒論の分野程度の方向性しか決まってないんだけど、勉強すればするほど、日本ってだけで随分有利だよなあって感じます。
だって、母国語で書かれた参考書が腐るほど大量にあって、難易度も入門から発展まで、ジャンルも多岐にわたります。
しかも、ネットで調べれば大体が書いてあります。ある程度よりレベルの上の技術的な内容になってくると英語の論文が出てくる程度に収まったりしてきますけど・・・

それでも例えばプログラミングを勉強してみたいと思ってみたら比較的マイナーなRubyですら入門サイトがたくさんあって、分からない事を調べればまずほとんどの事はどこかしらで説明してるサイトがある。日本語で。

これが発展途上国の人だと、まずは日本語でも英語でも、調べるための言語を勉強するところから始めないといけない。どうせ母国語じゃ大した事書いてるページがないだろうからな。

土方のあんちゃんとかが農民にならずに住んでるのも勉強頑張って、どかたの仕事を用意してくれた人たちのおかげだし、高校生とか大学生とかいう、今だとなぜかモラトリアムのような扱いになってる期間すらある。本来なら勉強するための期間なんだけど、その期間を勉強用に使う人は結構少なくて、その多くがモラトリアムとして人生を楽しむ。楽しんだ人間が自業自得のくせに後から低い年収でブースカ文句垂れるくらいには人権も確保されてる。


先日、鳥取県が高校にマンガ学科を用意しようとしたら過半数の反対意見を頂いてしまったというニュースを見た。
別に普通科でも将来性のある勉強してる奴なんてさほどいないし、どうせ卒業後使わない勉強を仕方なくやってるって層がよく口に出す数学とか、そういう義務教育より上のレベルだけど将来的に使い道が無くなる人が大半ってジャンルの勉強の時間を、予め専門とか進んで勉強しようと思ってる奴らのために漫画用の授業の時間に割り当てるくらい、いいことだと思うし、俺はむしろ推奨したいね。
3年間高校でやってみて、時分に漫画やアシスタントの道は合わないと感じてくれれば、じゃあ高校卒業する時に他の仕事に進めばいい、他にやりたいことが見えたならその道に進めばいい。どうせそいつらが勉強してこなかったジャンルなんて、普通科の奴らも将来大して使わないからコンプレックス抱く必要は無い。
必要なジャンルに進みたくなったら、自分の勉強する意味が見えたんだから有意義だったろう。予備校通って勉強すればいい。
そのくらいのスタンスで見てたんだけど、反対意見が多いんですね。ちょっと残念です。義務教育じゃないんだから、高校にはそれくらいのバリエーションやバラエティがあってもいいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}