alias doskeyでシェルを便利に

【Linux,UNIX環境】

aliasコマンドでコマンドのショートカットみたいなの登録出来ます.

$ alias sshsrv="ssh user_name@host_ip"
みたいな感じでaliasコマンドを使用すると,今までssh user_name@host_ipの形式で長い文字を入力しないとSSHログイン出来なかったのが,今後は自分で任意に設定した(今回の例だとsshsrv)短いコマンドで使用出来るようになる.



例えばruby版のgyazo.rbをホームディレクトリに置いていた場合,いちいちgyazoを起動する時

$ cd #ホームディレクトリに移動
$ ruby gyazo.rb #gyazo.rbを実行

という2ステップでタイピング数が多かったのですが,aliasを利用すると



$ alias gyazo="ruby ~/gyazo.rb"

と設定しておくことによって,gyazoとコマンドを打つだけでgyazo.rbを実行出来る.




しかし以前ブログで紹介したGuakeと標準のterminalどちらにも別々に登録する必要がある.

理由は,ホームディレクトリにおいてるドットファイルの.bashrcの設定をアプリケーションごとにコピーしてるから.(かな?厳密には違うかも.)

なので~/.bashrcをエディタで開いて,そこにaliasコマンドを書いておけば,一度の手間でguakeやterminal等のbashを利用する全部の環境で実行可能になる.







【Windows環境】

aliasと似たコマンドにdoskeyというものがあった.

Windowsでコマンドプロンプトなんて使わないから,Windows用のDosコマンドに非常に疎くて困っているのでdoskeyを使ってLinuxコマンドと同様のコマンドで実行出来るようにする.

例えばカレントディレクトリのファイル,フォルダを見るためのコマンドはLinuxならlsだが,Windowsならdirだ.

そこで

$ doskey ls="dir"

とコマンドを入力すると,lsがdirと同じ意味を持ってくれる.

よく使うコマンドはこうやってどんどん登録していくとLinuxでしかプロンプトを利用しない人でも捗る.

$ doskey pwd="cd"
$ doskey rm="del"
$ doskey rmdir="rd"
$ doskey cp="copy"
$ ifconfig="ipconfig"

てな具合ですね.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}