スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu11.04がスパイウェアの疑い



少し昔の記事になりますが、Ubuntu11.04のFireFoxの検索ボックスからamazonを利用すると、amazonのアフィリエイトIDがCanonicalのものに書き換えられるようになっている事が判明したそうです。



CanonicalはUbuntuをリリースしている団体で、amazonのアフィリエイトIDは1アカウントに1つセットされて、そのIDアフィリエイトIDがセットされたまま商品を買うと、売上の数%がアフィリエイトIDを持ってる人に流れる、という仕組みです。

使い道としては、まとめブログとかで合間合間にamazonの商品をはさんでいますが、amazonの商品を紹介するだけが目的ではなくて、一度自分の用意したURLからamazonにアクセスしてもらうと、アフィリエイトIDが自分のものにセットされて、最大で確か1週間程度の間にセットされたユーザーが買った商品の売上の数%を貰い続けられる、という感じです。
私はamazonのアフィリエイトの仕組みを、2ちゃんねるのニュース速報が隆盛を極めていたのにはちま起稿のステマ事件で消滅した時に知りました。

これが、癪に障った人がたくさん人がいたらしい。様々な著名人がこのUbuntuの方策を避難し、Ubuntu離れを推奨している。


Ubuntuと言えば、Linux初心者に推奨する有名、簡単、パッケージ豊富なディストリビューション。初心者と言わず玄人でも使い続けてる人は非常に多いし、改変ディストリビューションも無数にある。
先日Ubuntu12.10がリリースされた時にも公式ウェブサイトからダウンロードしようとしたら、エグい募金の集め方をしていました。英語が全く読めない人だとダウンロードすら出来ない人もいるでしょう。

商用ディストリビューションとして有名で有償のRHELのように正々堂々ではなく、少し汚いお金の集め方ですが、やはりオープンソースの運営には先立つモノが必要という事でしょうか。
Debian系はDebianだと古臭い、Mintだとデザインがダサい、Ubuntuだと何を仕込まれてるか分かったもんじゃない・・・RedHat系に行こうにもパッケージ管理ソフトのyumが遅いのなんのって・・・ディレクトリもUbuntuと微妙に違ってるし・・・何を使ったらいいものか。


まあ、来年からLinux使う会社ですし、商用のRHELを使うことが予想されるから、RHEL互換がウリのCentOSを使う事になるんでしょうけど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}