LPICレベル2

img_composition_box.gif

LPICの試験概要。
LPIジャパンのウェブサイトから拝借しました。

LPICレベル1を取得するためには101試験と102試験の両方に合格する必要があって、レベル2を取得するためには201試験と202試験両方に合格する必要があります。

ちょうど二ヶ月ほど前に201試験に合格していて、今回は202試験を受験してきました。両方合格すれば、LPICレベル2としてLinux技術者として名目上は中級者という事になります。






20130223_R.jpg

CBT(コンピュータベースドテスト)なので試験結果は試験終了後数分で出てきます。

見ての通り、無事合格です。

500点が合格ラインで、590点。少しだけ余裕を持たせた感じです。


201試験よろしく今回も、試験範囲外からガンガン攻められました。

あずき本と呼ばれるあずき色の参考書とping-tっていうウェブ学習サイトで勉強するのが定番らしいのでそれに倣っていたのですが、残念ながらその2つを完璧にこなすだけじゃ多分合格率は五分五分って所だと思います。

研究室での知識やトラブルシューティングの経験があったので、なんとかあずき本範囲外に対応出来た感じです。

得点の内訳をみてみると、研究室で使った経験のあるウェブサービスもあるためウェブサービス関連の正答率で荒稼ぎしています。

逆に実際に使った事の無い電子メールの試験範囲は正答率4割台という壊滅っぷり。





無事に合格出来たから良かったものの、試験自体は絶対に落ちられないという特別な思いを持って臨んでいました。

来年から社会人になる自分は、保守運用という業務柄、一週間なんていう休みはもう人生に二度と来ない覚悟は出来ています。

なので卒論の合間に、大学の側の都合で研究室に行くことが出来ない年末年始の一週間は実家に帰省していました。
最後の長期休みを家族と過ごすために。


なのに、勉強道具を持って行ってしまったんです。何に追われていたのでしょう。社会人になってからも勉強出来る時間なんていくらでもあります。
本当に最後の最後なのに、あろうことか勉強をしていたんです。

今時間を戻れるなら、二ヶ月遡って年末の自分をぶん殴ってやりたいです。
「家族とゆっくり過ごせよ!」と。

後悔先に立たず。
家族との最後の一週間を浪費しておいて、生活を切り詰めて仕送りをしてくれた両親のお金で受験した学生生活最後の試験、どうしても落ちるわけには行かなかった。
これで落ちてたら、恐らく大きな虚無感に襲われていたと思います。自分は、何をしていたんだろう、と。


なんとか無事に試験合格する事が出来て良かった。
地味に、4試験全部1発合格だから良かったものの、これ全部1回受験するのに15750円かかります。
参考書やウェブ演習サービスを利用したのも計算すると7万円くらいは使い込んでます。

なんとか義理立ては出来たので、両親に明日電話します。
両親にとっては「おお、おめでとう、わざわざ電話どうしたの?」と思うかも知れませんが、俺には言葉に出来ない思いがあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}