スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーナー懇親会&2012年度版IT業界資格偏差値ランキング




金曜日は研修終了後、配属先オフィスで一年間直属の上司としてオンジョブトレーニングをしてくださるトレーナーの方との初顔合わせがありました。

新宿オフィスで働く私のトレーナーは自社ではなく本社の方でした。本社と同じ部署、同じグループに配属されることってあるのか~、と、弊社の人事部制度の謎が深まりながらも懇親会、二次会ともに0円支払いで無事帰宅できました。



LPICレベル3という情報が人事から流れて尾ヒレを付けながら一人歩きして、かなりハードルの高い人物像が出来上がってしまっていて大きなプレッシャーになっています。

配属事業部の業務内容的に、サーバ構築とかネットワーク構築はあまり行わないので、事業部内にLPICレベル3を持ってる人が殆どいないらしく、それにレベル3の誤解を招きやすい資格偏差値の位置付けが、実際のレベル3coreの難易度と乖離した期待度を持たせてしまっています。


ちなみに2012年度版のIT業界の資格偏差値は以下のような感じ。

64:ITストラテジスト、技術士(情報工学)
63:CCIE
62:システム監査技術者、システムアーキテクト
61:プロジェクトマネージャ、SJC-EA
60:ITサービスマネージャ
58:スペシャリスト(ネットワーク、データベース、エンベデッドシステム)、RHCE、SJC-D、Oracle Platinum、公認情報セキュリティ監査人
57:スペシャリスト(情報セキュリティ)、MCDBA、MCSD、LPIC Level3、SCSecA
56:MCSE2003、.Com Master☆☆☆、RHCT
55:MCSE、CCNP、ITILマネージャ(V2)
54:MCAD、XML Professional、MCITP
53:応用情報技術者、UML-advanced、VBAエキスパートプロフェッショナル、MCPD、UMTP-L3
52:SCNA、CISSP、SJC-WC(J2EE1.4)、SJC-BC(1.5)、公認情報システム監査人(CISA)
51:PMP、MCSA2003、Oracle Gold(旧Platinum)、LPIC Level2
50:基本情報技術者、CCDA、SJC-WC、SJC-BC、SJC-WS、SJC-MA、P検1級、UML-intermediate
49:CCNA、SJC-P、.Com Master☆☆、UMTP-L2、MCTS、Security+、Project+
48:Oracle Silver(旧Gold)、MCDST、P検準1級、SCSA、MCA Master、日商PC(文書、データ)1級、CCENT
47:MCP、LPIC Level1、Linux+、Server+
46:Oracle Bronze、XML Basic、SJC-A、UML-fundamental、Network+、J検PG認定、J検SE認定、SEA/J基礎、SEA/J応用テクニカル
45:Oracle Silver Fellow(旧Silver)、MCA、MOT、A+、UMTP-L1、VBAエキスパートスタンダード
44:P検2級、.Com Master☆、ITコーディネータ、ISMS審査員補、ITSMS審査員補
43:ITパスポート、J検情報活用1級
42:ITILファンデーション(V2)、ITIL V3 Foundation
41:VBAエキスパートベーシック、MOSマスター、Project+
40:J検情報活用2級、IC3、日商PC(文書、データ)2級
39:MOS Expert、MOS Specialist(Access)
38:MOS Specialist(Access以外)


赤字の資格は現時点の私の保有資格。

注目して欲しいのは偏差値57に位置しているLPIC Level3。

LPIC Level3には現在国内で受験できる試験が4つあります。

[Core]
301:各種サーバとの連携を含めたOpenLDAPの概要と設定、及びパフォーマンスチューニング

[Specialty]
302:Windows等の異種OSが混在する複合環境でのネットワーク構築
303:SELinuxやiptables、nagios等のセキュリティ関連
304:仮想化、負荷分散、冗長化


私の解釈ではこんな感じ。


301coreを取得しないとspeciality試験には挑戦出来ないのですが、coreに合格するだけでも一応LPICレベル3coreとしてレベル3に認定されて、レベル3の赤色のLPIの認定証(メンバーズカードみたいな感じ)を貰えます。

受験した感覚としては、正直LPICレベル2の202試験という後半試験の方が断然難易度が高かったように感じます。

レベル2を取得しないと挑戦出来ないというLPICレベル3の制度を考慮すればレベル2よりも資格偏差値が高いのは理解できるのですが、それにしても偏差値の上がり方が異常なのです。つまり、この偏差値は恐らくいずれかのspeciality試験の難易度を示していると思います。

証拠に、LPICレベル2を取得するのに(卒論の締切に押し殺されそうになっていたとは言え)201、202試験合わせて三ヶ月程度時間を掛けたのに対して、LPICレベル3は社会人になって忙しい研修の合間のわずか3週間で取得しています。(土日も潰して必死に勉強しましたがw)

ということで、私個人で資格偏差値を付けるとしたら、いいとこ偏差値53くらいかな、と。
それをITSS(ITスキル標準、経済産業省辺りが資格ごとのレベルを定めている)でのレベル4資格にあたる情報セキュリティスペシャリストと同じ難易度で括られて、そういう期待感でトレーナーから見られるとなると、かなりの重圧です。

とは言え、こんな面倒くさくて細かい制度上の話をするわけにもいかないし、買いかぶり過ぎられているのでひたすら謙遜し続ける懇親会でした。






おかげで!

社畜の週末強制イベント飲み会で今週は出費0円で済みました!人事部、トレーナーの方々!ごちそうさまです!朝から0円出費で帰宅する気まんまんで出社してました!

週末強制飲み会イベントだけで毎月2万円以上使うの、地味にお財布的に痛かったんです(笑)

トレーナーの方は良く言えば自主性を尊重してくださる、雑に言えば放任主義な感じなので、堕落せず今後も勉強を継続したいと思います。




こめへん

非公開さん
平日は忙しすぎる!!もっと早く連絡しろ!

コメントの投稿

非公開コメント

やっべ俺堕落しきってるわwww

二年目が始まったばかりだけどまだまだわからんことばかりお・・・

飲み会で4万とんで会社が高卒殺しに来てるなう
プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}