スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多税に無贅


先日住民税について調べて恐怖したところで、計算してみました。

※以下、私のケースでの試算です。

・額面年収330万~695万・・・所得税20%
・手取り年収200万~700万・・・住民税10%
・増税決定・・・消費税8%



大卒初年度は多くの人が額面で330万、手取りで200万を突破すると思います。
ちょっと意味は違いますが、ボリュームゾーンってやつですかね。

ここで、会社から支給される給料を「X」と置いて計算してみましょう。

・額面Xは所得税として20%引かれます・・・支給額Y = X * 0.8 = 0.8X
・手取りY(=0.8X)は住民税として10%引かれます・・・実支給額Z = Y * 0.9 = 0.8X * 0.9 = 0.72X
・実支給額Z(=0.72X)でお金を使うと消費税8%が引かれます・・・実使用額A = Z * 0.92 = 0.72X * 0.92 = 0.6624X



なんと、恐ろしい事に会社が私達に払った給料の額面Xは、実使用額Aになるまでの間に、33.76%が税金として引かれているのです。

つまり会社が支払った給料の1/3以上が税金として持って行かれてるのです。

※所得税の控除33万(=所得税3.3万円分)と、住民税の均等割額である4000円は計算簡略化のために省いてます。

恐ろしいくらい税金って高いと思います。

車や家を持つ人は、これに固定資産税や揮発油税、車検、自動車税などなどが加わります。保険にも加入すれば、国民年金も支払いますし、もはや税金に等しいNHKの受診料も重ねればバカにならない金額です。
死んでも相続税まで取られる始末。

しかも働いてるあなたではなく、あなたが働く会社にも法人税という常識はずれの税金がかけられています。その率たるや約30%です。

もはやその人が会社で創りだした利益の半分以上は、国に税金という形で取られてしまうのです。

国を逃げ出す金持ちに素直にケチをつけづらいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}