ちまたに溢れるFラン情報系大学生or専門学生



ブログはこまめに更新しようと心がけてはいたものの、あまりの忙しさに二週間も放置していました。

どのくらい忙しかったのかと言うと、今週は1回しか家に帰ってこれなかったというレベル。。。

残業時間も平日だけで35〜40時間という、普通の企業の一週間の総労働時間に匹敵しそうな量でした。

こんなキチガイのような生活を続けても土日に普通に休めば月の残業時間はせいぜい150時間程度。

弊社の上司諸氏はどのようにして一ヶ月に200時間以上もの残業をしてるんだ、、、、

確かに忙しさは目が回りますが、仕事自体は楽しいので、言うほど苦しくはないです。

ある程度以上深い知識が必要な仕事をしていると、「応用情報技術者試験まではチュートリアルだった」と感じます。

ぶっちゃけ、基本情報技術者試験程度の試験範囲、確かに広いは広いんですけど、全く楽しくない。

応用情報まで来ると、少し深く踏み込んで、一部面白くなってくるけど、それでもまだまだ基礎の基礎。

現在ネットワークスペシャリストの勉強しているのですが、ここまで来るとようやく面白くなってくる。

今やってる仕事も、そんな感じ。

LPICはレベル1から面白かったのですが、IPAの試験はレベル4まではつまらなすぎて学生が可愛そう。

確かに基本情報や応用情報の知識は重要で、いろいろな勉強をする上で土台となる知識ばかりなので、実際勉強をするとなったら応用情報を取った後のほうが効率が良いのです。

しかし、LPICレベル1は持ってたらそれなりにLinuxは触れますが、応用情報だけ取ってても何も出来ない。

これが学生を殺してるように思えて仕方ない。

私の大学も、当時は「何だこの講義」と思ってましたが、地味に応用情報技術者試験の技術的な部分はある程度網羅していました。

しかし、UNIX系に触れる機会が、一部の研究室に配属されるまでは全くない。

Linuxの存在すら知らずに卒業していった情報系の学生だって何人もいると思います。

ネットワークをまともに構築したことも、現実的なプログラミングをしたこともないで卒業した学生も多数います。

まさに被害者。

概念だけぽつりぽつりと学んで、一体自分の知識で何が出来るのか全く分からないまま、関係ない業種に就職。

自分から学ばないほうが悪いという意見もあると思いますが、存在自体知らなかったら勉強のしようがない。

体系的に学べるから学校に来てるのに、自分で勝手にググってろ理論に通じるものがある。

私だって、今でこそCCNAや応用情報やLPICレベル3スペシャリティを持っていますが、二年前までLinuxなんて聞いたこともなかったし、資格も運転免許しか持っていませんでした。

私も大学時代にインターンシップでLinuxに触れて興味を持ち、そういう研究室に自分から行かなければ、様々な概念だけぼんやり理解したまま全く関係ない業種に行っていた可能性が大いにあります。

つくづく自分は運が良かっただけという事実を実感しますが、ぜひこれを読んでる学生さんがいたら、dot installとping-tで勉強して、自分のちからで立派なエンジニアになって欲しいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
社会人1年目〜4年目:インフラエンジニア
社会人5年目〜   :セキュリティエンジニア

ほぼネットワーク屋でした。


[保有資格]
運転免許
漢字検定準2級
パスコンスピード検定1級
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
Comptia A+
CCENT
CCNA
CCNP
MCPC2級
VCP-DCV 5.5
LPIC Level1
LPIC Level2
LPIC Level3core
LPIC Level3mixed environment

パズドラランク950↑

サドンアタック
中佐:シコ星
W/L 46% K/D54%
少佐:尿イエロー
W/L 50% K/D 56%
少尉:ケツアゴに挿入
W/L 100% K/D77%


メイプルストーリー(笑)
柳)195メカニック
柳)180台DS
柳)178DS
現在持ってるキャラはこの3つ

柳)140台?投
キャラ名:ちnこ
売り済み、現在行方不明





mixi→id=19488862
Skype:yuuzi.kab
Twitter:gosloli
Instagram:yuuzikab










月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの更新率
Twitter
リンク
.key { margin: 0 3px; padding: 1px 6px; border-radius: 3px; border: 1px solid #E0E0E0; border-bottom-width: 2px; background: #F0F0F0; background: -ms-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -moz-linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); background: -webkit-gradient(linear, center top, center bottom, from(#F0F0F0), to(#FCFCFC)); background: linear-gradient(top, #F0F0F0, #FCFCFC); font-family: Arial}